忍者ブログ
BLOG TOP   TWITTER   HOME
2015.03.02,Mon

わりと中長期的な人生の目標として、カレンダーや時計を意識しなくてもよい生活を送るというのがある。「3月」とか「1日」とか「1時26分」などではなく、「春めいてきたある日のちょっと寒い夜」くらいで曖昧に時間を認識していたい。

カレンダーや時計、つまり日時に関する一般的な取り決めは、広い意味でのコミュニケーション(経済とかも)のために用意されたものだ。だからそれらを意識しない生活は、コミュニケーションを絶った暮らし、社会から離脱した暮らしで、現代にあってとても実行できるものではない。というか現代でなくても難しい。

目標はあくまで「意識しなくてもよい」生活。意識することもできるし、しないこともできるという状態、社会的でもあり非社会的でもある状態を作っていきたい。それらは必ずしも同時に存在させられなくてもいい。たとえば、春から秋はふつうに働いて暮らし、冬は貯金を使って蟄居なんて感じでもオッケーだと思う。言ってみれば社会における冬眠だ。冬は、僕が一番好きだし過ごしやすいと思っている季節だから、自分のペースで気ままに生活してみたい気持ちがある。

ちなみにこの冬は、かなり社会的な状態で、まさに「忙殺」という感じだった。文字通り、休む暇なく働いた。あまりの忙しさでカレンダーや時計を気にする余裕が無かったのは、なんとも皮肉っぽい話だ。
PR
最新記事
(09/23)
(05/29)
(04/26)
プロフィール
名前: 赤井
やっています。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]