忍者ブログ
BLOG TOP   TWITTER   HOME
2016.05.01,Sun
僕の志向する音楽ジャンルがおよそ「ニューエイジ」と呼ばれるものであることが分かった。ニューエイジの曲自体は聴いたことがあるし、ニューエイジというジャンル名も見聞きしたことはあったものの、この対応関係について理解したのは最近になってようやくだ。

一度それが分かれば、ニューエイジと呼ばれている音楽を狙い撃ちで聴くことができる。このジャンルについては図書館などにもCDがたくさんあるので、まずは色々と借りてきた。


そうして聴いてみてびっくりしたのが、喜多郎の音楽だった。僕がやってみたい方向の音楽を、すでに、これだけ高い完成度で具現化している人がいたのだなということに驚いた(そして、これだけ好きな方向の音楽であるのに今まで聴かずじまいだったことにも驚いた)。名前は存じ上げていたのだけど、なんというか、これまでCDを手にとり曲名などを見たときに「スピリチュアル界の人だ」と判断していた。

音楽に限らずスピリチュアル界の作品は、ハズレ……というのは偏った言い方だから訂正すると、自分に合わない場合が多かった。たぶん、界の人々の純粋で無垢な感性でもって構築された世界観が、都会育ちですれている自分とは相容れないものであるからかなと思う。だからスピリチュアルな匂いを感じると、その対象からは距離を置くようにしていたんだけど、喜多郎は距離を置くべきでない数少ない例外のようである。

喜多郎の音楽はとても平らかだ。威厳によって安心を与えるのではなく、また慈悲によって救済をもたらすわけでもなく、ただただ現在する。何事にも動じず、超然と、在る。感覚的にはまるで「鳴っていない」がごとく静かに存在しているのだ。音楽でありながら音楽であることを放棄するような、こうした態度がいたく気に入った。


さて、今夏のコミティアには初めてのサークル参加をしたいと、かねてから考えていて、もし間に合うのなら実際にそうするつもりだ(いまのところ進捗が思わしくないけどどうにか……)。誰も見てないだろうし少しネタばらしすると、快楽主義をコンセプトにした音楽CDを作りたいと思ってる。享楽主義でも悦楽主義でもなく、快楽主義。平穏を志向する音楽を、他の誰でもない僕自身が欲しているから作ってみたい。

このコンセプトだけは早い段階で決めていたものの、どのように具体化していくかについては頭を悩ませていた。なんとなく感じるままに作っていたらテクノっぽくなっちゃったりして、それはそれで好きな音楽ではあるんだけど今回のコンセプトとはどうも合わないし……と、コンセプトつきの曲作りの難しさを痛感していたところで「これだ!」という方向性の音楽を体現する喜多郎について知った。

参考として学ぶためには知るのがあまりに遅すぎたし、付け焼き刃になりそうなら別のアプローチを試すつもりだけど、夏コミティアの申し込み締め切りまであと50日くらい、当日まであと100日くらいあるし、できるだけ頑張ってみようと思う……できるだけ。
PR
最新記事
(09/23)
(05/29)
(04/26)
プロフィール
名前: 赤井
やっています。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]