忍者ブログ
BLOG TOP   TWITTER   HOME
2016.05.29,Sun
人がコアラのマーチ1箱を提供してくれたので食べた。

開封し、何事も無くヒョイとつまんで口に入れようとしたところで、子供の頃はたとえ面倒でも、いやそもそも面倒だと感じることすらなく、1粒1粒の絵柄を確認してから食べていたことを思い出した。すると、絵柄を確認せずに食べようとしていた自分がひどく愚かというか無粋であるように感じた。いかにも枯れた大人の態度だったので。

それでちゃんと絵柄を確認しつつ食べることにしたんだけど、驚いたことに、全然何が描かれているのか分からない。絵を認識できない。

かつては、それが描かれている意味や意図が分からなくても、「それ」が何であるのかはすぐに分かっていた。あの解像度の低い絵を読み取ることができた。

絵の解像度に関しては昔も今も変わりないか、むしろ昔より良くなっているはずだ。たぶん。にも関わらず絵を認識できないということが、何か自分のなかの大事なものが失われてしまった、ないし乾いてしまったことを象徴しているようで、ちょっと寂しかったり恐ろしかったりした。
PR
最新記事
122
(11/13)
(09/23)
(05/29)
プロフィール
名前: 赤井
やっています。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]