忍者ブログ
BLOG TOP   TWITTER   HOME
2017.04.02,Sun
高速道路を走っていると、山あいの土地に家々が連なっている様子を目にして「こんな場所にも人が住んでるんだな」などと思うことがある。ああいう感じのところに引っ越してきた。

いちおう神戸市内であるし、そう述べるのはややオーバーかもしれないけど、まぁなんというか栄えてはいない。お店が無ければ農作地も無く、様々な点において枯れており、そして坂道と階段にまみれた住宅街だ。


神戸市は、海沿いの南のほうに市街地が広がっていて、そこから北のほうに行くにつれ標高が高くなり、摩耶山や菊水山などのいわゆる六甲山地へと繋がっている。うちは市街地からやや北に離れており、家から市街地に向かうぶんは下り坂だからいいんだけど、市街地から帰宅するのは延々と上り勾配で中々骨が折れる。買い物とかで荷物がいっぱいの状態では尚更である。

だから、市街地から出ている循環バスを使って坂道を上り下りするのが、このあたりの住人の定石だ(と、物件の内覧時に不動産会社の営業さんが教えてくれた。まさに丁度うちの近辺ご出身とのことだった)。

もう既に何回か、そのバスを利用した。バスに乗ると、明らかに意識せざるを得ないのが「ご年配の方が多すぎでは???」「若い人全然いないのでは?????」ということ。それもそのはずで、平成27年度の国勢調査によると僕が移ってきた町は、人口の半数近くが65歳以上とのことだ。同年度の国勢調査では全国総人口のうち65歳以上の割合は26.6%とあるから、それに比べてだいぶ高い数値になっている。

ちなみに最新の人口統計(平成28年10月確定値)では全国における65歳以上の割合は27.3%にまで上昇している。すごい。



坂道ばかりで、玄関にたどり着くために70段ほど階段を上る必要があり、標高がそれなりなので冬は寒く、近くにコンビニとかスーパーとか娯楽施設みたいなのは無くて、その代わりに家賃や初期費用は安いですよ的な感じで紹介された物件だった。逆だったかな? 安いけどこういう事情がございまして、的な。

どちらにせよ、たまたま僕は坂道や階段が好きで、寒いのはむしろ歓迎だし、コンビニやスーパーが遠いのは少し不便だけど娯楽施設は無いほうが静かで望ましいくらいだから、そのうえ家賃まで安いとなれば個人的には至れり尽くせり級の物件だったので住むことにした。

ただ全然そんなつもりじゃなかったのに、引っ越しが年度の変わり目、すなわち引っ越し業界の繁忙期にぶち当たってしまったので、べらぼうに引っ越し代が高くついた。冷蔵庫とかを買おうとしていた分のお金が飛んでいった。

そんなこんなで職なし・金なし・冷蔵庫などの家財なしというスタートなんだけど、まぁどうにかやっていくと思う。ちょっと最初だけは頑張らないといけなさそうだけど、いちど基盤さえ出来てしまえばこれまでよりずっと自由度の高い生活が可能だし(家賃が安いので)、浮いた時間やお金をいい感じに使えたら嬉しい。
PR
最新記事
122
(11/13)
(09/23)
(05/29)
プロフィール
名前: 赤井
やっています。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]